内定が取れた後も英語力を上げる努力が必要

仕事上で高く評価されるには日ごろから英語学習に力を入れよう

外資系企業で上司や周りの同僚から高い評価を受けるためには、内定が取れた後に業務上で役立つ英語力を身につけられるよう努力することが重要となります。特に、多くの顧客や取引先とコミュニケーションを行う機会がある部署に配属された場合には、英語力の高さがそのまま仕事の成果に直結することがあるため、早いうちから自分に合った学習法を見つけることがおすすめです。例えば、ビジネスマンや学生をターゲットとしたオンライン英会話などの学習教材は、都合の良い時間に何度でも苦手な分野を学習できるだけでなく、費用を最小限に抑えられるといったメリットがあります。また、本格的にネイティブスピーカーに英会話を学びたい場合には、優秀な講師が揃っている英会話学校を利用するのも良いでしょう。

社内で中途採用者のための語学研修が行われている企業を探そう

外資系企業に転職をした後になるべくお金を掛けずに英語力を高めたい場合には、中途採用者を対象に一定期間の語学研修が行われている企業を探してみましょう。特に、第二新卒者など年齢が若い社員に対する教育に力を入れている外資系企業の中には、語学研修の内容が充実しているところや、長期にわたり業務の合間を縫って学習に取り組めるところがたくさんあります。そのため、少しでも英語に対する苦手意識があれば、語学研修の内容に注目をして職場選びを始めると良いでしょう。なお、企業によって語学研修の有無や主なテーマ、カリキュラムなどに大きな違いがあるため、分からないことがあれば求人先にすぐに問い合わせをすることが肝心です。